自業自得でオワコン化した韓国芸能

韓流ブームが衰退傾向にあるとき、一時期、K-POPが流行し、KARAやら少女時代、東方神起などが、日本の若い男女の心を掴んだかに見えた。日本人の娯楽コンテンツとして、復活を遂げようとした矢先、政治的な日韓問題のコジレが生じ、慰安婦問題やら竹島問題で、韓国は日本の信頼を完全に喪失するに至った。

もはや、日本人は、韓国を信用ならない国、恩をあだで返すとんでもない人種。また、終戦直後の、朝鮮人の日本人への虐殺や強姦の歴史が明らかになるにつれ、歴史をねつ造して、反日教育を徹底する韓国への大きな不信感が芽生えた。

単に韓国の政府やメディアだけならまだしも、朝鮮人という人種に対する不信感は、人種蔑視的な感情さえ、今の日本人は感じるようになっている。

すべては、自分で撒いた種とはいえ、千年経っても被害者でいるという大統領宣言にあるように、永遠の遺恨を日本に対して宣言した大統領の言葉には、もはや、後戻りのできない、埋めることのない亀裂があると言わざるを得ない。

韓国は自滅の道を突き進み、日本は、手を差し伸べず、傍観するほかないだろう。

政治的には「国交断絶」、そして、文化的には「芸能・文化交流の断絶」が好ましい。

韓国は、日本を敵国として、戦争準備をしているようだが、韓国と戦争をして日本に得はない。軍事力は今時点では日本が上を行くが、韓国に追いつかれないよう、軍事力の増強を図る必要がある。

望むらくは、北朝鮮との戦争によって、韓国という国が亡びることであるが、北朝鮮も韓国もどっこいどっこいなので、二つまとめて、中国の属国にでもなってほしい。

何千年もそうであったように、「中国の属国」というのが朝鮮民族にお似合いのポジションなのだ。

朝鮮を併合して、道路や鉄道を敷き、学校を建設した日本は愚かであった。植民地化して、奴隷としてこき使っておけばよかった。朝鮮併合こそが、日本の歴史的な誤りなのである。

韓国俳優 イ・ドンゴン

イ・ドンゴンは私の好きな俳優の一人です。特に好きな作品は、「パリの恋人」ですね。ヒロインへのひたむきな愛の表現に何度も泣かされました。

今、イ・ドンゴンは兵役中です。

最近、兵役のため入隊した韓国俳優は、こんな具合です。
◆2010年入隊
チュ・ジフン イ・ジュンギ イ・ドンゴン イワン キム・ナムギル シン・ドンウク チョ・ハンソン キム・ジフン カン・ドンウォン
◆2011年入隊
コ・ジュウォン チョン・ギョンホ ヒョンビン

韓国の損失ですね。一定以上の業績のある俳優は、兵役免除すべきだと思いますが。。。

イ・ドンゴンのデビューは、なんと、歌手なんですね。1997年のことです。
その後、99年に、ドラマ「クァンキ」で俳優デビュー。

しかし、代表作は、何といっても「パリの恋人」ですね。パリの恋人は、最高視聴率59%をマークしました。日本でもパリ恋と呼ばれ、大ヒットしました。

映画では、ハン・ジへと共演した「B型の彼氏」はヒットしました。実際の血液型はA型らしいのですが。。。

イ・ドンゴンの長所は、柔らかくて洗練された雰囲気ですね。イ・ドンゴンくらい都会風のイメージを感じさせてくれる演技者がそんなにいないのではないでしょうか。

生年月日 1980年7月26日 獅子座
出生地 ソウル
家族構成 両親・弟
身長、体重 183cm、63kg
特技 ピアノ
好きな食べ物 なんでもよく食べる
趣味 音楽鑑賞、スノーボード、ジェットスキーバスケットボール

イ・ドンゴンの代表的なドラマ
サンドゥ、学校へ行こう! (2003年、KBS)
ランラン18歳(2004年、KBS)
パリの恋人(2004年、SBS)
ガラスの華(2004年、SBS)
スマイル アゲイン(2006年、SBS)
愛するなら彼らのように(2007年、SBS)
ラブ・トレジャー〜夜になればわかること〜(2008年、MBC)


イ・ドンゴンの代表的な映画
ファミリー(2002年)
B型の彼氏(2005年)
疾走(2006年)
今、愛する人と暮らしていますか?(2007年)
マイ・ラブ・リンリン(2006年)

韓国俳優 パク・ヨンハ

パク・ヨンハが、2010年6月に亡くなりました。自殺だそうです。睡眠薬を多用していたことから、うつ病という可能性もあります。末期がんのお父様の看病疲れもあったのかもしれません。遺書は見つかっていませんので、理由は不明です。これから大活躍できる有望な俳優でしたので、大変残念です。
 
韓国だけでなく、日本でも多くのファンが悲しんでいることでしょう。
 

さて、パク・ヨンハは1994年にコメディドラマ「テーマ劇場」でデビューしました。
演技においては完璧主義者で、プロ意識を持つ演技派といわれます。

彼の印象は落ち着いた装いと端正な顔立ち。スーツ姿が良く似合う俳優といわれます。

パク・ヨンハは歌が得意で、コンサートもよく開いていました。
12ndアルバム、Fictionも大ヒットし、歌手としても人気の高いスターでした。


2005年の日本ツアーでは、9都市で14回もの公演を行い、大人気を博しました。1st Japan Tour 2005ですね。


2005年8月には韓流スターとして初の武道館コンサートを開催しました。そして、3年連続で日本ゴールドディスク大賞を受賞しています。
冬のソナタ出演以降、日本でもすごい勢いで人気が高まりました。

 
2010年の冬からスタートする予定だったドラマ「ラブソング」では、ユン・ウネと共演する予定でした。

ご冥福をお祈りいたします。

名前 パク・ヨンハ B型
主な出演作−「クリスマスに雪が積もれば」「冬のソナタ」「東京湾景」
生年月日 1977/8/12 獅子座
家族構成 両親、姉
身長 176cm 63Kg
特技 歌、ベースギターの演奏
趣味 バスケットボール、スキー カー・レーシング

◆出演ドラマ
テーマ劇場(1994年)※デビュー作
愛が花咲く教室(1995年)
パリ公園の朝(1996年)
母の旗(1996年) 
スタート(1996年)
ずっと会いたい(ボゴ・ト・ボゴ)(1998年)
私達は道に迷った小鳥を見た(恋歌)(1999年)
恋をしなさい(1999年)
ギプスの家族(2000年)
恋はだれもがするけど(2000年)
雪花(2000年)
噂の女(2001年)
冬のソナタ(2002年)
Loving You(2002年)※初主演作
ON AIR(2008年)
ザ・スリングショット〜男の物語(2009年)

韓国語上達法の定番。ハングル3ヶ月集中プログラム